スタミナが無いと感じたら
グリコーゲンとビタミンB!

スタミナがない!
体力が持たない!

普段でも日常会話に使われるスタミナという言葉。
スタミナとは、一定の運動を長く持続できる能力のことですが、
その運動を続ける為には、その分だけエネルギー源が必要になります。




体力が無いな~と思った時はどんな時があるでしょう。
よく「夏バテ」という言葉がありますが、
「冬バテ」という言葉は聞いた事がありませんよね。

これは、冬と同じように必要な栄養素をしっかりと摂取していれば、
スタミナ不足にはならないのですが、
暑さで食欲が落ちて、あっさりしたものばかり食べてしまうため
に、
スタミナ不足になってしまうというです。


また年齢とともに食事の量が減ってしまうために、
1年を通じて必要な栄養素を摂らなくなってしまい、
慢性疲労症候群になってしまうこともあります。




スタミナの素であるエネルギーは
炭水化物と脂肪からつくられます。


画像を見ながらご説明します。


スタミナの元のエネルギーは、体内で糖質(炭水化物)と脂肪からつくります。
炭水化物はブドウ糖というエネルギーとなり、脂肪は脂肪酸というエネルギーになります。


ブドウ糖のエネルギーは食後しばらくして血糖値を上げ、
すぐに利用できるエネルギー
を作ります。
ブドウ糖が生み出すエネルギーは大きいですが、そのかわり長続きしません

これに対して脂肪から得るエネルギーは消化・吸収がゆっくりしているために、
じわじわと効果を表わし、その分エネルギーが長続きします

ブドウ糖が無くなると、脂肪酸を燃焼してエネルギーとして使われます。


更にブドウ糖として吸収したエネルギーのあまりを【グリコーゲン】として、
筋肉や肝臓に貯蔵されます。
また脂肪からエネルギーを得るときにもグリコーゲンが不可欠


ところが!
持久力(持続力)を要する場合は、脂肪とグリコーゲンの量のバランスが問題。

脂肪が体重のおよそ20%であるのに対して、グリコーゲンは1%にも満たないために、
グリコーゲンの方が先になくなってしまいます。

グリコーゲンがなくなれば脂肪がいくら残っていてもエネルギー源にはなりません。
そこでスタミナ切れが起きてしまうのである。


したがって、スタミナを維持するためには、
グリコーゲンをいかに有効に使うかがカギとなります。



具体的にはどのような栄養素を摂れば、
スタミナを維持できるのでしょう。

スタミナをつける食べ物というとニンニクやうなぎ、レバーを想像しませんか?


うなぎスタミナ回復で食される事が多いですが、
うなぎには良質なタンパク質が多く含まれ、さらに疲労回復に役立つビタミンB
体を若返らせるビタミンE、更に鉄分カルシウム亜鉛などの
ミネラルが豊富に含まれています。

暑さで食欲・体力が落ちる土用の丑の日などに
食べられるのは非常に理にかなっている
という訳です。



レバニラなどもスタミナ回復で食べられることが多いですが、
こちらも疲労回復に役立つビタミンBが豊富に含まれているため、
スタミナが無いと感じると多く食されているのです。


他には、体力アップ・疲労回復に役立つビタミンBが多く含まれている食品といえば、
豚肉まぐろ納豆などが多く含まれています。


※ビタミンB
ビタミンBは、不足すると糖質がうまくエネルギーになりません
食欲がなくなったり、疲れやすい、だるいなど夏バテのような症状になるため、
欠乏すると更にスタミナが低下する状態になります。




スタミナ不足を感じたら、
ビタミンBとブドウ糖を補給しましょう!

●スタミナ不足解消のまとめ●

スタミナをつけるには、食べ物から!

糖質を摂りましょう。

また糖質をエネルギーに変える時に
サポートするビタミンBも大切です。





スタミナ不足はマカで解決!

マカにはスタミナ不足を補う成分、
糖質やビタミンB、ビタミンE、更に鉄、カルシウム、亜鉛が
豊富に含まれています。

※マカに含まれている糖質は、ブドウ糖が中心です。

だからこれ1つでスタミナ不足で悩んでいる方々にもお勧めです。


超微粒子化を実現しました
・超微粒子化を実現したことにより、従来の粒マカでは1日あたり12粒を目安に召し上がっていたものが、1日6~8粒になりました。

マカの純度が100%になったことにより、
吸収率に優れ、体に優しい高品質マカとなりました。

従来の粒マカは錠剤(粒)にするために、なたね硬化油を使用していましたが、
純粋粒マカは特殊加工により純度100%の粒マカを実現しています。

マカは何よりその『品質』が重要です

ペルーでの土壌選定から日本国内における商品の品質管理まで、日本人が管理しています。2005年にはJASから有機認定を受けていますので、自信を持って皆様にお届けしています。

使用しているマカはペルーの4000m級の高地で栽培されていますが、実はマカは低地でも育ちます。しかし低地で育ったマカは大きさだけでなく、栄養価も段違いに低いものです。そもそも道端で育つようなマカもあるのです。

「市販で売られているマカがどこでどのように育ったマカなのか?」

「なぜこのマカ製品は安いのか?」 逆に「なぜ高いのか?」

マカをご購入頂く際に、これはとても重要な要素だと考えております。




サプリメントは医薬品ではないため体に直接作用し治癒治療するものではありません。

人間がサプリメント類を摂取し実感が得られるまでおよそ2週間は必要だとされています。個体差はありますが1~2日摂取し、「実感が得られた!?」と思われた経験があると思います。ですがそれは大抵気のせいです。

サプリメントとは長くじっくりと付き合って頂きたいと思っております。